社員研修をする場合に宿泊施設がある貸会議室を利用するメリット

企業の中で大切な資産である社員のスキルアップや能力を上げるために、社員研修は有効な方法になります。モチベーション・ハイクオリティーなアウトプットを期待するならば、どういった研修場所の環境にすることは大切なポイントになります。今回は社員研修をする場合に宿泊施設がある貸会議室を利用するメリットをご紹介しています。

 

 
環境を変えることで集中力が増す!




自社の施設で研修するよりも宿泊が伴う研修をすることで、新たな発想が期待できますし、クオリティーの高い研修姿勢になります。会社内では普段仕事をしているデスクが近くにあります。またクライアントから電話が入ることもありますし、その対応をするために途中で研修を抜け出すような場面もでてきます。同僚や部下に引き止められてしまい研修に集中できません。

日頃の業務から離れて知識を蓄積してノウハウを身につけて、次の日からの業務に活用できる勉強をする場所が研修です。研修場所を準備するときに、環境に配慮することで集中力が変わってくるのです。

社内以外ならば、どこでもいいのでしょうか。ホテルなどの貸会議室を使うと日常と遮断された空間になります。開放的で綺麗な会場ですから、気分転換にもなります。普段はでないような意見のやりとりもできて、発想も変わってきます。研修内容も身につきやすい特徴があります。研修場所へ向かうときも、日常業務の延長ではなくて特別感を認識します。


 

 
宿泊が伴う貸会議室の場合は24時間使用できますから、色んな研修プログラムが企画できる!




決められた知識を決められた時間内に吸収するようなインプット型研修内容だけではありません。研修を受講する人たちが自ら進んで回答を出すアウトプット重視型の研修内容の場合は、限られた時間内に終了する必要もありません。

研修時間が終了したあとも会場を開放しておけば、納得できるまで議論したり、考えたりできます。こんな場合に宿泊が伴う貸会議室の場合は利用しやすくなります。

24時間使えるならば、研修がスタートする前の早朝ミーティングにも使えます。さまざまな準備をする場合にも研修を開始する前に会場が使えるので便利です。

時間を気にしないで利用できる宿泊型貸会議室は、納得できるまで研修に取り組むことが可能です。モチベーションをあげるためにも効果が最大に発揮できるでしょう。



 
ホスピタリティーが充実していれば研修を担当する事務局の強い味方になる



研修を企画して運営する事務局は、研修内容だけでなく、研修の合間の休憩時間や昼食の手配も考えなければなりません。宿泊型貸会議室の場合は、会場設営から昼食の手配・コーヒーブレイクなどの休憩サービスもワンストップで提供してくれます。事務局は研修プログラムや参加者の管理に集中して取り組めます。

備品が不足してしまった場合でも宿泊型貸会議室ならば、さまざまな機器類や備品の在庫が潤沢です。プロジェクターを忘れたり、スピーカーを忘れたりしても、フロントに連絡するだけで対応してくれます。ホテルや研修センターなどの宿泊型貸会議室は研修事務局にとって、痒いところに手が届くサービスを提供してもらえます。心強い施設と言えるでしょう。

研修プログラムを時間をかけて完成させても、参加者が研修に向き合う気持ちにならなければ、効果は薄くなってしまいます。どのようにして研修参加者を前向きに取り組ませるか、やる気をおこさせるかを考えた場合に、日常の職場から切り離すことがポイントになります。

研修効果を上げる有効な手段として宿泊型貸会議室を会場にすることは意味があります。日頃、頻繁に使う会議室ではなくて、ホテルなどを選択すると研修事務局の業務軽減になるだけでなく、参加者にも大きなメリットがあります。



 
研修特化型ホテルの貸会議室を使うときのサポート・設備にはどんな特徴があるの?





宿泊を伴う研修をする場合に貸会議室を利用する場合はホテル型のものがいいでしょう。具体的な内容をご紹介して、まとめておきます。


コンシェルジュとアテンダントによるきめ細やかなサポートを受けることができます



事務局のスタッフだけで研修の運営・企画を担当すると負担が相当大きくなりますし、こなせなくなることも少なくありません。研修特化型ホテルの場合は、手厚いサポートがあります。


セミナーコンシェルジュ


プランニング・手配・資料作成・運営作業をサポートされるのは当然で、企画段階でアイデアに困った時に相談できるメリットがあります。


セミナー・アテンダント


備品・清掃・設営・レイアウトなど会場に関するサポートを引き受けてくれます。隅々まで会場を整えてくれますから、清潔感あふれる会場で研修を実施できます。

 
たくさんのタイプがあるし、多目的ホールの強みがある


研修特化型ホテルは、いろんなタイプの貸会議室があります。研修の内容に応じて使い方は無限大。グループに分かれての研修や、まとまった人数があつまった講義などにも対応できます。

大きなイベントもある研修もあります。多目的ホールがあれば、問題なく対応できますし、懇親会・歓迎会・立食パーティーの場所としても使えます。映像を流したり演出を工夫しながら、多彩な料理をプラスして、スペシャルな空間ができあがり、印象深い研修になるのです。


 
休憩や食事なども幅広い対応が可能



研修特化型ホテルは、食事の手配・コーヒーブレイクなどの手配もワンストップで提供してくれます。食事はセルフサービス・フルサービス・バイキングなど選べます。アレルギーや体調にあわせて小まめな対応もできます。研修中に体調を壊した場合でも安心できます。

 
充実したプライベートスペースがある



研修に集中するためにはオンとオフのめりはりも必要になります。参加者がゆっくりと休憩できるスペースも欲しいですね。研修特化型ホテルの場合の客室はプライベートスペースになります。ツイン・シングル・ダブルなど部屋の種類も豊富です。参加者のタイプによって手配できるので便利です。

 
時間外でも利用できるし、研修を延長もできる



研修特化型ホテルの場合は24時間利用できますから、早朝ミーティングもできますし、研修時間が延長しても簡単に対応できます。


 
まとめ



いかがでしたでしょうか?社員研修をする場合に宿泊施設がある貸会議室を利用するメリットについて説明してきました。研修の熱気を維持できるのが研修特化型ホテルなどを利用した宿泊型研修の強みです。

宿泊を伴う場合には、貸会議室を手配するだけでなく、ホテルの確保も必要です。一括で宿泊施設が予約できればいいですが分宿になった場合には運営事務局の手間が2倍にも3倍にもなります。ホテルまでの送迎が必要になればさらにやっかいな問題がでてきます。

研修特化型ホテルにすれば、煩わしさが一挙になくなります。しかし、問題は数が限られていることです。早めに予約しなければ手配できない問題があります。研修中以外でも、参加者同士が一緒に過ごせるので、人間関係を濃厚に深めることができます。特に新入社員の研修をする場合には大切な要素になります。

移動の手間がかからないメリットもあります。参加者同士の交流のきっかけが生まれやすく、夜の懇親会も活発になります。社員のモチベーションがとても上がりますので研修特化型ホテルを検討してみてはどうでしょうか。





  コンタクトレンズの通販
小倉北区・八幡西区・北九州リフォーム
一枚板
川越のホットヨガ・暗闇フィットネス
自由が丘パーソナルトレーニング

JOHNNYSTYLE(ジョニースタイル) 自由が丘店
TEL03-5755-5720
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5丁目29−10 自由が丘リブレビル 4F
https://www.johnny-style.com/company/jiyugaoka.html